カリチェの直輸入チーズ〜ヤギ〜

写真はクリックすると大きく表示されます

※チーズはそれぞれ、旬のものもあり、常時在庫していないものもございます。
【タイプ別】
【ミルク別】
すべて
牛、水牛ヤギ


Bra Tenero/ブラ・テーネロ
タイプ 地方 原料 単位  
セミハード フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州 牛・羊・ヤギ 100g  
コメント
日本人になじみのある味わいではないでしょうか?しっとりとした食感と歯ごたえ、チーズといえば思い浮かぶ乳酸菌の味わいと、マイルドなコク。一口目はさっぱりとした感じかな?と思いながら、味わい続けるとどっしりとミルクの味わいが口いっぱいに広がります。トーマをお好きな方には、おすすめです。トーマよりも少ししっかりとした味わいがあります。

Paglierina/パエリエーナ
タイプ 地方 原料 単位  
白カビ ピテモンテ州 牛・羊・ヤギ 1/4個  
コメント
人気の白カビに新しいタイプが登場!人気のシムディンとはまた違った、白カビのマイルドさに加え、こってりめの味わいに、少しビターな後口、の白カビチーズです。入荷してから人気の商品です。
お料理は、衣をつけて揚げてもおいしいそう!

トロンケット・ディ・カプラ・エルバルーチェ
タイプ 地方 原料 単位  
フレッシュ ピエモンテ ヤギ 1/2個  
コメント
ブドウの枝がついたままの姿でくるまれたヤギのチーズ。ヤギ独特のクセのある味わい。
【食べ方】
そのまま、ヤギの風味とブドウの香りを楽しむよう、少しずつ味わってください。

ROBIOLA DI ROCCAVERANO DOP/ロビオラ ディ ロッカベラーノ
タイプ 地方 原料 単位  
フレッシュ ピエモンテ ヤギ 1/4個  
コメント
フレッシュなテーブルチーズ。ヤギ(または羊)と牛の乳から作られるが、牛乳の比率は 85%以下と決まっている。風味豊かで繊細な味わい。ほんの少しの酸を感じる。テーブルチーズとして最適だが、さらに20日ほど熟成させてもおいしい。
【食べ方】
ヤギといえば!イタリアではこのチーズ。酸味となめらかさ、クセのある味わい。ジャムとの相性もよし!

Raschera/ラスケーラ
タイプ 地方 原料 単位  
セミハード ピエモンテ ヤギ 100g  
コメント
クオネ県に程近い、アルプスのラスカイアという山とラスケーラという湖がある地域の伝統的なチーズ。原料はブルーノアルピーナ種またはピエモンテ種のものを使用。生地は柔らかく、弾力があり、象牙色。チーズと乳清の強い香りが特徴。熟成が進むわずかな辛味とアーモンドのような味わいを持つようになる。1−3ヶ月の熟成。味わいは濃厚で強くピリッとしている。
【食べ方】
テーブルチーズに。日本人が食べなれたチーズの味わいに近いです。軽い酸味と、塩気。

CAPRINO di SEROLE(GINEPRO)/カプリーノ ディ セローレ(ジネープロ)
タイプ 地方 原料 単位  
フレッシュ ピエモンテ ヤギ 1/4個  
コメント
ロビオラのまわりに、ジネプロ(ジュニパーベリー)をつけて熟成したもの
【食べ方】そのまま外皮とご一緒に!テーブルチーズとして。

Scimudin della alta Valtellina/シムディン デッラ アルタ ヴァルテッリーナ
タイプ 地方 原料 単位  
白カビ ロンバルディア 牛、羊、
またはヤギ
100g  
コメント
製法の同じチーズ“シムダ”が小さくなったもの。シムディンとは”小さなチーズ”を意味する。滑らかな食感。かつてはたくさん飼育されていた山羊の乳で作られていた。当社のシムディンは牛の乳にヤギまたは羊の乳をミックスしたもの。生地密度が高く、柔らかで非常にクリーミー。くせのあるチーズが苦手な方にもお勧めできる優しい味わいのチーズ。
【食べ方】
カマンベールがお好きな方には、こちらをぜひ。カマンベールと比べ、ミルクの甘味やコクが強く出ています。食べやすいものとえいば、こちらをおすすめしています。むっちりもっちりの食感です。